新幹線・総合交通体系対策特別委員会調査:新幹線をめぐる地域の声特集!!その5

菊地道議は2019年8月26日~28日に特別委員会の道外調査で石川県、富山県を訪れました。
○ 新幹線金沢駅開業で航空を取り巻く環境の変化に伴う小松空港、のと里山空港の利用促進に関する取組み
○ 石川県における2次交通の状況
○ 新幹線開業後の地域の変化等について状況の事情徴収
○ 国際拠点港湾指定の伏木富山港の取組について現地調査等を行いました。

沿線住民の不安!!札幌延伸に伴う並行在来線の行方:新幹線をめぐる地域の声特集!!その2

余市町役場では総務企画政策室・阿部弘亨課長と平行在来線のJR北海道から経営分離される問題で懇談しました。
「北海道新幹線並行在来線対策協議会」の協議が加速化されることになり、沿線自治体もブロック毎に事務局会議が、もたれていくことになるとのこと。バス転換についても「運転手不足で現便数の維持が大変。沿線バス路線はほぼ赤字とも聞いており、バス転換も簡単ではない」と沿線自治体の苦悩が垣間見られる懇談となりました。

阿部弘亨課長から説明を聞く菊地道議(右から3人目)ら

新幹線トンネル掘削の影響?―渇水で生活用水の不安―:新幹線をめぐる地域の声特集!!その2

ニセコ町では2019年5月に水源枯渇が判明した地域があり、1月に工事を終えている新幹線トンネル工事との関連が取りざたされ、鉄道運輸機構が観察・調査をしています。菊地道議は枯渇した水源の現地に赴き、生活水の供給状況や今後の水源確保の見通し等について説明を受けました。

現地調査する菊地道議(右から2人目)ら

外国人観光客の増加駅舎改善で利便性の向上を:新幹線をめぐる地域の声特集!!その4

2019年8月30日、菊地道議は余市町を訪問、駅舎と乗降客の実態を調査し、余市町議団とともに商工会議所平位敬二専務理事と懇談しました。
ICカードを利用できるのは小樽駅までです。小樽から余市方面に向かうためには一度小樽駅で紙の切符に買い変えなければならず観光客の利便性向上のためにもICカード対応をJR北海道に要望していますが、なかなか実現に至らない実態等で意見交換となりました。

平位敬二専務理事と懇談する菊地道議ら(左端)

健康保養地をめざす街づくり「トンネル残土の受入れはできません」 : 新幹線をめぐる地域の声特集!!その1

2019年9月5日、菊地葉子道議は酒井隆裕市議とともに朝里クラッセホテルの前川勝美副会長と懇談しました。
健康保養地をめざす朝里川温泉の街づくりや、市が導入を検討している観光税の世界的なとりくみ状況などについて意見交換をしました。
北海道新幹線の札幌延伸で、小樽に新駅ができると後志全般に新たな観光の展開になると大きな期待をよせている反面、トンネル残土については、健康保養地をめざす観光施設としては受け入れに賛成は出来ないという声もありました。

前川勝美副会長(手前)と懇談する菊地道議(中央)ら

 

幌延深地層研究延長方針に不安の声共産党調査団、施設調査実施

高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の地層処分を研究する日本原子力研究開発機構・幌延深地層研究センター(北海道幌延町)が研究期間の10年程度の大幅延長方針を北海道と幌延町に提示しました。
菊地葉子道議は道議団、党国会議員とともに2019年8月23日、現地を調査しました。

放射性廃棄物の地下処理を研究

同センターは、天然の岩盤と人工物を組み合わせた「多重バリアシステム」とよばれる方策で放射性廃棄物を地下約300メートルまで埋め、地層処分を行う研究を2000年から続けています。
機構は、幌延町の深地層の研究に関する協定を道、町と締結。「放射性物質を持ちこまない、研究終了後は地上の研究施設を閉鎖し、地下施設を埋めもどす」としていました。
当初計画では「全体の研究期間は20年程度」であり2019年度末までに埋め戻し工程を提示する計画の突然の変更申し入れに住民から「約束違反だ」と怒りの声が上がっています。

「研究には終わりがない」と終了めど示さず

調査団は、センター幹部から説明を聞き、地下施設を調査。調査団の「実用可能になるまで、どれだけかかるのか」「そもそも20年で研究が終了するようなものなのか。はじめから20年で研究を終わらせる気がなかったのでは」との問いにセンター側は明確な回答ができず「研究には終わりがない」と研究終了のめどがないことを明らかにしました。
調査団は、「際限なく研究期間を延長させ、センター固執化につながるのではないか」と批判しました。

「20年程度の研究期間」という当初の約束どおり終了を!!

2019年8月27日に幌延町で開かれた住民説明会には80人が参加。会場前では近隣住民らでつくる「核廃棄物施設誘致に反対する道北連絡協議会」のメンバーが抗議の声をあげました。
9月5日には同じ協議会の25人が道に対し、延長の申し入れは受け入れず、年度内に終了時期と埋め戻し工程を提出させるよう要請するなど、抗議が相次いでいます。

地下施設を調査する共産党調査団  菊地道議:左から4人目
センター側の説明を聞く共産党調査団 菊地道議:後列左端

コンビニ業界の健全な発展を‼ 菊地道議、小樽市内のコンビニ訪問

全国のコンビニエンスストアの店舗数は約57,000店舗、小樽市内にも50店舗程あり、地域を支える重要な役割を担っています。
現在、人手不足や人件費の高騰などで24時間営業の困難や、本部との契約のあり方など、コンビニ経営の問題が社会問題になっています。

経営25年になる店舗

菊地葉子道議は2019年8月8日、小樽市内のコンビニを訪問し、意見交換しました。

訪問先は経営25年になる店舗で、オーナー自らが土地、店舗を所有し、コンビニに加盟しましたが、最近は本部所有の土地・店舗に一定額の加盟金を払って経営に参加するタイプが増えているとのことです。
職員は店長一人を従業員とし、28人程のアルバイトのシフト制で運営しています。「一店舗最低20人いないとまわせない」と言いますが、その人数を確保できないのが最大の問題です。
来年(2020年)3月には、大学生のアルバイトが数人一度に辞めるため、そのときは夜間営業をやめることになるかもしれず、本部からは24時間営業維持打診のアンケートがきているそうです。

訪問先のオーナーは一週間に半日ほどしか休めないといいます。

他のコンビニでは複数店舗の店長を兼ね、人手のないところのシフトに入る事も多く、今回店長と連絡をとって面談の約束を取り付けることが大変な実態でした。

菊地道議は消費税導入の混乱はないか質問しましたが、本部対応ですすみ、店舗は商品のシール貼り替えくらいで、店内飲食を設けていないこともあり問題なしといいます。

戸別配達導入が検討、しかし

生協のトドックが成功したため、業界では戸別配達導入が検討され、小樽で試験的に始まっています。

しかし、配達する運送会社も本部で決めており、上納金があるため、ある程度の数にならないと利益にならないなど、本部との関係の問題も感じました。
面談中も電話対応で商品を準備したり、店舗の奥の狭い場所で着替えをする従業員の出入りがあり、忙しい現場の実態をひしひし感じてきました。

小樽市内のコンビニ・オーナーと面談する菊地道議(左から2人目)ら