就学援助の入学前支給広がる

2年で5→8割の自治体に


真下紀子道議は予算特別委員会で就学援助の対象拡大について質問。クラブ活動費、生徒会費、PTA会費と卒業アルバム代を対象とする市町村が増加し、約8割で入学準備金を新入学前に支給していることがわかりました。2016年度から2019年度までに、クラブ活動費、生徒会費、PTA会費の3費目、または卒業アルバム代を加えた4費目全てを対象としているのは96から130市町村に増加。いずれも対象としていないは52から26市町村(小樽市を含む)に減少しました。
また、小学校・中学校の新入学用品費を入学前に支給したのは、2018年度は約半数でしたが、2019年度には、小学校で78.2%、中学校79.3%と8割に迫り、全国平均より高くなりました。真下道議は、なお一層の充実を求めました。

実効性ある密漁防止対策を

菊地道議は予算委員会で日本海沿岸での悪質な密漁への取り締まり強化を求めました。
菊地道議の質問で2015年からの4年間で全道では1167件の密漁が摘発されており、ほぼ半数の588件が日本海沿岸で占めていることが判明。道はこの間啓発用看板や監視カメラの設置などで漁業協同組合の取り組みへの支援、4隻の漁業取締船の配備、海上保安部、警察、関係団体との連携による巡視活動を行い、日本海域の取り締まりを強化してきたと答弁。
菊地道議は「取り締まり強化にもかかわらず、密漁が横行している。漁師が育てたアワビやナマコを根こそぎ獲られ、若い後継者が将来に希望が持てなくなると漁業者が不安に思っている。実効性と機動的な取り組みが求められる」と迫りました。
笠谷映二指導取締担当課長は、広域的な監視が可能となる漁場監視レーダーの整備や、試運転中の水中の音響を活用した密漁防止システムの導入に対する支援などへの検討が必要との考えを示し、佐藤卓也水産林務部長が日本海地域における漁業取締船の重点的配備と沖合、陸上両方からの機動的監視の強化など密漁防止対策に取り組むと答えました。

「核ゴミ問題」菊地質問に知事「条例遵守」答弁

原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の最終処分地選定にむけ、10月9日寿都町と神恵内村が第一段階に当たる「文献調査」受け入れを表明しました。
菊地道議は9月30日総括質疑でこの問題をとりあげました。
菊地道議は寿都・神恵内の突然の表明に、全道の自治体や漁業・観光業団体から不安と反対の声が急速に広がっていると強調。北海道には、核のゴミを「受け入れ難い」と宣言した条例があります。菊地道議は「分科会で、道は初めて条例は遵守しなければならないと条例遵守の姿勢を示したが、これは2017年の前知事以来の答弁で鈴木知事は一度も条例遵守を述べていない」と知事の姿勢をただしました。
鈴木知事は「現在まで20年にわたって役割を果たしてきたことは尊重すべきもの。条例を遵守しなければならないと考えている」と今後の条例遵守を初めて表明しました。
菊地道議は再質問で、宣言を遵守するよう重ねて求め、新たな局面で条例の役割が改めて試されていると指摘しました。

10月8日「子どもたちに核のゴミのない寿都を ! 町民の会」吉野寿彦共同代表(右端)と懇談する菊地道議(左から3人目)ら
10月12日「脱原発をめざす女たちの会・北海道」のみなさんの集会を激励

泊原発周辺の地層調査

北電は規制委員会に氾原発再稼働の申請をしていますが、 数年間まったく認められていません。
その理由のひとつが断隧の評価で、 北霞が敷地内のF-1額恩について唄確な説明ができていない事に あります。
「行動する市民科学者の会・北海道」の斉藤海三郎代表の案内で泊際発周辺地屈の説明を聞きました。

少人数学級拡大求め全会一致意見書

道議会は2020年10月2日の本会議で日本共産党が原案を提案した「少人数学級の拡充を求める意見書」を全会一致で可決しました。
意見書は「現在の40人学級では、新型コロナ感染予防が困難、必要な資質能力を育むための少人数学級の拡大がぜひとも必要」と、国として教職員定数の改善を強く要望しています。
道議団は「子どもたちの命と安全を守るため、全国から大きな運動のうねりをつくり、実現させたい」と語りました。
生活相談をうけています

「新型コロナ対策」冬期の営業継続に補助検討と答弁

菊地葉子道議は第3回定例会の予算特別委員会で、漁業の密漁対策、食料の安全保障、新型コロナウイルス感染防止対策の中小企業支援等について質問しました。冬に向かい感染防止対策上の施設改修や暖房費等事業者への支援策・コロナによる雇止めや解雇への対策、各支援制度の活用促進に向けた改善等について、道として調査・検討する等の答弁を引き出しました。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止では店舗や事業所にも換気・手洗い・うがい・マスクなどの新たな生活スタイルの対応が求められます。これから厳寒期を迎える北海道では暖房と換気の両立という難しい対応が求められます。
菊地道議は、換気機能付きエアコン設置などに対する助成の要望が寄せられていることをとりあげました。新潟県や長崎県では3密回避対策として、経営の維持・発展を図る設備投資などに支援金を給付している事例を示し、営業継続を後押しする冬場の北海道での新スタイル定着に向けた支援を求めました。
北海道企画調整担当課長から「販売向上のための店舗改装とあわせて行う換気設備の導入なども補助対象とする﹂と営業への後押しになると評価される答弁をえました。 さらに菊地道議は﹁冬期の暖房費が経営力の弱い事業者には大きな負担になる﹂と暖房費への支援を求めました。

小学校休業など対策助成金支援「本人申請可能に」と改善求める

菊地道議は、9月30日の予算特別委員会で同ウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業で仕事を休まざるを得なくなった人に休暇分の賃金を補償する「小学校休業等対応助成金・支援金」制度をとりあげました。
補償賃金全額が国費で賄われますが、事業主が申請の意思を示さないことが多く、「本人申請できるようにして」と党道議団に相談が寄せられていました。国に制度改善を求めるべきと質す菊地道議に鈴木知事は「道内企業の理解を促進するため、助成金の活用状況の把握に努め、経済団体・市町村・労働団体とも連携し、活用を促す」と答弁。制度の理解と実能把握を行う姿勢を示しました。

「コロナ解雇続出」国に対策要望へ

北海道は新型コロナ感染を理由にした解雇や雇止めが2412人(9月18日時点)に上り全国4位と厳しい雇用状況です。菊地道議は「道はコロナ禍の雇用関係で国への要望を5月を最後に行っていない。道独自に国への要望を早急に行うべき」と鈴木知事に迫りました。

予算特別委員会で質問する菊地道議

北海道電力に聞きとり「泊原発・核のゴミ・電源構成」

9月4日、菊地道議は岩渕友参議院議貝、畠山和也前衆議院議員、口下紀子道議とともに北海道電力を訪問し、泊原発や「核のコミ」などの現状と考え方についてヒアリングを行いました。

北海道電力は今年4月に送配電部門の分社化もふまえ、「ほくでんグループ経営ビジョン2030」を発表しました。

電源構成でみると泊原発再稼働前の第ーフェーズでは火力発雹が主力、原発全基再稼働後の第11フェーズでは火力発電は調整力として位置づけており、再生工ネルギー発電は第ー、第11を通じて拡大するとしています。

北電は再生可能エネルギーを次世代主カエネルギーと見込んでいるにもかかわらず、原子力依存を改めようとしていない姿が浮き彫りになりました。

原子力規制委員会が「活断暦であることは否定できない」としている泊原発敷地内のFー1断屈について、北電は「活断層ではない」と従来の主張を繰り返しました。この断屈は9月10日、11日に規制委員会の現地調査が入りました。

寿都町長が高レベル放射性廃棄物の最終処分場選定調査応募を検討している問題については、北電は「一事業者としては答えかねる」と核のゴミを出す当事者でありながら、発生貴任については曖昧な姿勢です。

北海道電力のヒアリングに参加する菊地道請(左端)