総務委員会で道警の不祥事について質問

8-cut
   11月4日、道議会総務委員会で菊地よう子道議は道警の不祥事について質問しました。

懲戒処分者は昨年比で倍増
   全国で悪質な警察官による不祥事が発生しています。道内でも同様な事件が続き、今年10月までの懲戒処分者数は17人、昨年一年間の9人を既に大幅に上回っています。

暴力団への情報漏洩について
   この数年警部補や警部・警視という幹部も処分されています。
   先月は札幌方面中央警察署の50代の警部補が暴力団組員に捜査情報を漏らし懲戒免職になり、道民にショックを与えました。
実際には、暴力団への情報漏洩の他にも、調書のねつ造や拾得物の詐欺事件の逮捕など、公表された事件は氷山の一角にすぎません。他にも同様な事件があるのではないか、との質問に対しては、確認されていないとの答弁でした。

再発防止対策は
   再発防止のために「本来は職員を指導すべき立場にある警部以上の幹部への対策も必要ではないか」との質問に対して警務部長から「幹部の指導については、警察本部長から通達をしたほか、ブロック別に緊急警察署長会議を開催し、各警察署で防止に向けた取組状況等を確認し、取組の強化を図っている」と答弁がありました。
   菊地道議は、道民の安心安全のまちづくりをめざし、道民の信頼回復のため奮闘していただきたい、と質問をまとめました。