北海道の農漁業・生活道路復旧を国に申し入れ

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b93
申し入れする道議団(右から2番目 菊地よう子道議)

菊地よう子道議は8月29日、相次ぐ3つの台風の直撃をうけた北海道の農漁業被害に対する政府の対策について、道議団として国会議員とともに、緊急に申入れを行いました。
申し入れでは「現地調査をふまえ、冬が来る前に農地が復旧できなければ来年の作付けに影響を及ぼすだけでなく、営農意欲の減退にもなる」として農地の速やかな復旧をはじめ、共済の対象となる農作物被害に対する国の適切な対応、農・漁業施設や農機具等の修繕・改修などについて、現場の要望にこたえた支援を行うこと等を要請しました。