暖房使わず野菜栽培。上川農業試験場を視察

上川農業試験場-cut
 道議団は比布町の上川農業試験場を視察しました。
   試験場では、厳寒の道内農業用ハウスで暖房を使わず葉物野菜を育てる技術を開発し、2年前からコマツナやリーフレタスなどが十分育つことが確認されています。
ハウスを覆う天井フィルムを二重にして保温するため暖房費がかからない、「無加温栽培技術」です。
道議団は「投資も少なく、冬季の雇用確保も期待できる。道の支援を求めていきたい」と語りました。
笠置隆範総務部長は「個人情報の取り扱いや適正な文書管理の重要性を所属全体の意識に高めるなど全庁的に取り組んでいく」と答弁しました。