未届け有料老人ホームのスプリンクラー設置すすまず。道支援の検討求める

少子高齢委員会-light
委員会で質問する菊地道議

未届け老人ホーム北海道全体409施設
3月21日、厚生労働省は都道府県などに設置を届けていない有料老人ホームの調査結果を報告しました。北海道では2016年6月現在409ヶ所であり、前回調査時(2015年)より多い状況です。
菊地葉子道議は4月の少子・高齢社会対策特別委員会で、未届け有料老人ホームの安全対策・スプリンクラーの設置等を質問しました。

届出がすすまない理由
届出がすすまない背景には「有料老人ホーム設置運営指導指針」で定める居室面積や廊下幅の基準にあわせて、施設の改築などの負担が出来ないという意見があります。

未届け施設のスプリンクラー未設置は6割
2015年3月時点の調査では、回答した107施設中、スプリンクラー設置施設は31、設置予定が7、未設置61、未回答8でした。
消防法の改定により2018年3月末までのスプリンクラー設置が義務づけられています。未届け施設でも条件は同じです。

スプリンクラー設置助成金が活用できる支援を
有料老人ホームのスプリンクラー設置に対する国の助成制度はありますが、助成を受けるためには有料老人ホームの届出が必要です。菊地葉子道議は、まずはスプリンクラー設置を促すためにも、届出をすることが急がれ、届出をすることでおきてくる施設の問題についても道がフォローする体制をとるべきと求めました。