新幹線トンネル残土問題 ― 道が情報公開を約束 ―

総延長の 76%がトンネルとなる北海道新幹線。倶知安町の二ッ森トンネル工事開始直前、発生土の一部に、風雨にさらされると曝路状態で酸化する可能性がある地層が存在したため、倶知安町議会の特別委員会に「発生土を仮置し経過観察する」と報告されました。しかし、酸化する土中成分について、納得のいく説明はなされていません。
菊地道議は「処理計画や発生土に含まれる重金属の公表を」とただし、黒田敏之交通企画監は「トンネル掘削土の対策を検討する委員会の検討結果を一般に公表する」と約束しました。