菊地葉子道議が道政懇談会が開催 2017年11月25日

2017年11月25日、長橋の共睦会館で菊地葉子道議の道政懇談会が開催され、活発な意見交換が行われました。参加者は39名でした。菊地葉子道議の報告は次の通りです。

道政報告する菊地葉子道議会議員

安保法制強行採択後日米共同訓練や自衛隊の訓練は規模も質も変化してきています。

直前に豪州で事故を起こしたにもかかわらず、8月には北海道でもオスプレイが参戦、沖縄県以外で初の夜間飛行が行われました。米国の安全宣言に国も高橋知事も追随です。

10月16日から実地された陸上自衛隊の演習では、28市町村で基地や演習場以外の民有地などが演習に使われ、小樽の天狗山にはレーダーによる海上監視の隊員の姿が見られ観光客も驚いていました。道議会で「北海道が軍事基地化するような事態に対し、道が反対すべき」との共産党道議の追及に知事は「国の責任で安全管理の徹底が図られる必要がある」と責任放棄の答弁でした。他に知事の政治姿勢を中心にJR北海道の路線廃止、国保の都道府県化問題、子育て世代の運動と共産党道議団の質問が実り、北海道として初めて保育料軽減支援を実施したことなどを報告しました。

質問:道議会庁舎の改築状況、今後の見通しと党の見解は?

会場からは「道議会庁舎の改築状況、今後の見通しと党の見解は?」と質問があり、菊地道議は「建設から66年経過している道議会庁舎の建て替えは耐震性の問題からも必要です。議会庁舎改築整備等検討協議会は公開すべきと意見を言ってきましたが、結果的に非公開だったことが道民不信につながっています。道議団としては道民意見の反映はもちろん、ランニングコストの削減を始め議会議論の活発化を促進できる構造になるよう求めています」と答えました。

ご意見をいただきました

他に「天狗山の上で軍事訓練が行われているのは全く知らなかった」「北方領土問題は共産党道議団としてロシアに交渉してはどうか」と意見がありました。

要望として「福祉灯油を実施してほしい」「介護職の安定化が必要。高校の中に介護コースを設置してはどうか」「冬道になると危険な坂がある。ロードヒーティングにしてほしい」等の声が寄せられました。