カジノ!!のマイナス面も調査情報として道民に知らせるべき:菊地葉子道議、第4回定例道議会で取り上げる

カジノを中核に、総合型リゾート事業整備を政府の責務とするカジノ解禁推進法を強行してから一年。
野党4党が廃止法案を共同提出しています。

道内では苫小牧市、釧路市、留寿都村が誘致を表明し、新たにパチンコ機器大手メーカーが北広島市にカジノなどIR構想を提示しています。

カジノのターゲットは日本人中心

菊地道議は、道が行った調査結果で、「IR事業者の半数がカジノの主な客層を日本人中心と考えていることが明らかになった」と指摘。

「カジノによるプラス面だけが強調されるが、カジノへ客が流れることでカジノ立地自治体以外の自治体では消費の落ち込みや税収の減少などマイナスの経済波及効果も生まれる。これらもギャンブル依存症の推計などとともに調査は行うべき」と知事に迫りましたが、高橋知事は「国に対策を求める」と述べるにとどまりました。