教育の時間外勤務対策の徹底を

北海道教育委員会が行った教職員勤務実態調査では、中学校で47%、小学校で23%の教員が過労死ラインと過酷な労働実態が明らかになりました。道教委はこれに対して「時間外勤務の縮減、部活動指導の見直し、変形性労働時間に対する改正などを取り組んでいる」と報告しています

が現場の教員がこの内容を知らされず効果が見えてこない状況があります。

菊地道議は文教委員会で、入学試験時の教員の長時間勤務対策は定時制でも適用すること、学校行事のための休日勤務の振り替えなどを確認し、現場でしっかり休日を取得するよう制度の周知をはかり、教員の労働時間縮減に効果をあげるよう強く求めました。