地域生活に欠かせない交通手段、北海道の鉄路維持を求める!!

JR北海道が全路線の半分以上を「単独で維持困難」と路線切り捨てを打ち出してから1年半経過しました。
道議団は2018年5月25日、北海道の鉄道路線維持にかかわって関係各省に要請しました。

緊急・切実21項目の要求

国土交通省には北海道内の鉄道路線の全線維持と国の支援策など17項目です。
財務大臣には国の想定を超える北海道新幹線の大幅な赤字についての認識と今後の経営見通しなど2項目、鉄道運輸機構には札幌延伸工事について今後の交通需要予測の再検証、収支採算性の再検討と延伸工事に伴うトンネル残土の処理について健康や安全対策への万全について見解を求めました。

新幹線の赤字で在来線廃止はあり得ない

JR北海道は6月以降、切り捨て対象路線に通学バス運行を打ち出し、あくまでも鉄路廃止を狙っています。
国交省担当者は「JR北海道には効率化や営業努力をしてもらい、収支改善の取り組みを求めて地域と協議を考えたい」と地域への負担を当然視しました。
現在北海道新幹線の赤字は、すでに当初想定の2倍以上、103億円にも膨らんでいます。要請団は「そもそも赤字になるとわかっていて分割・民営化をしたのに、黒字化のために地域に負担させて足を守るとは国の責任放棄ではないか。北海道新幹線の経営見直しをすべき」と批判し、「道民としては、新幹線を札幌まで延伸し、赤字のしわよせで在来線が廃止されるのは納得できない」と発言しました。

国交省に要請する議員団(左から3番目:菊地道議)