電力の安全供給を迫る

2019年1月28日と2月4日に札幌東区・北区で停電が発生、1万戸超世帯で影響を受けた事故をとりあげ、菊地道議は産炭地域振興エネルギー調査特別委員会で、電力の安定的供給を求めて質問しました。北海道電力への聞き取りによると、故障した機器は点検基準に基づき点検されていました。

菊地道議は「点検そのものの信頼性が問われる。今後事故や故障が想定されるものの総点検を北電に求めるべき」とただしました。

倉本博史経済部長は「北電には発電施設や送配電線網の点検を徹底し電力の安定供給に万全を期するよう求める」と答えました。