2019年度、道補正予算 - 知事に要請

鈴木直道知事に予算要望を手渡す共産党道議団

党道議団は2019年5月24日、2019年度補正予算に関する重点要望を鈴木直道知事に行いました。要望としては

  • 泊原発を再稼働せず廃炉を求める
  • 日米共同訓練を受け入れず、オスプレイ飛行訓練をを行わないよう求める
  • 丸山穂高議員の暴言に対し、知事として丸山議員に辞職を求める

事を盛り込んでいます。

菊地議員は「北海道にはバイオマスなど地域の条件にあった発電方法がある。過酷な原発事故を避けるためには廃炉しかない」と迫りました。

知事は「原発に対する道民の関心は高い。規制委員会の議論を注視していく」と述べるにとどまりました。

鈴木直道知事に予算要望を手渡す共産党道議団