小樽の声を届けて – 菊地葉子道議2期目 決意新たに

2019年4月7日の道議会議員選挙で、菊地葉子議員は3位で2期目の当選を果たしました。

第31期の日本共産党道議団は3人(諸派)で、団長は真下紀子議員、幹事長は菊地葉子議員、政策審議会長は宮川潤議員です。

菊地議員は「残念ながら会派ではなくなりましたが、公約として皆さんに訴えてきた消費税増税と国保料の大幅値上げをストップさせ、道民のみなさんの命とくらし守るために全力を尽くします。選挙期間中にも国保の相談や原発は止めてほしい、という声が寄せられました。JR問題、原発やカジノなどの道政上の重要課題に、住民の切実な声を反映させる政治へと前進させていきたい」と決意を新たにしています。

3人の道議団(左から、真下紀子、菊地葉子、宮川潤 各議員)

―道議会構成 定数100―

・日本共産党 3名
・自民党道民会議 53名
・立憲民主道民連合 27名
・北海道結志会 9名
・公明党 8名

―日本共産党道議団の所属委員会―

菊地葉子議員

・経済委員会
・新幹線総合交通体系対策特別委員会

真下紀子議員

・環境生活委員会
・少子高齢社会対策特別委員会
・地方路線問題特別委員会

宮川潤議員

・保健福祉委員会
・食と観光対策特別委員会