コンビニ業界の健全な発展を‼ 菊地道議、小樽市内のコンビニ訪問

全国のコンビニエンスストアの店舗数は約57,000店舗、小樽市内にも50店舗程あり、地域を支える重要な役割を担っています。
現在、人手不足や人件費の高騰などで24時間営業の困難や、本部との契約のあり方など、コンビニ経営の問題が社会問題になっています。

経営25年になる店舗

菊地葉子道議は2019年8月8日、小樽市内のコンビニを訪問し、意見交換しました。

訪問先は経営25年になる店舗で、オーナー自らが土地、店舗を所有し、コンビニに加盟しましたが、最近は本部所有の土地・店舗に一定額の加盟金を払って経営に参加するタイプが増えているとのことです。
職員は店長一人を従業員とし、28人程のアルバイトのシフト制で運営しています。「一店舗最低20人いないとまわせない」と言いますが、その人数を確保できないのが最大の問題です。
来年(2020年)3月には、大学生のアルバイトが数人一度に辞めるため、そのときは夜間営業をやめることになるかもしれず、本部からは24時間営業維持打診のアンケートがきているそうです。

訪問先のオーナーは一週間に半日ほどしか休めないといいます。

他のコンビニでは複数店舗の店長を兼ね、人手のないところのシフトに入る事も多く、今回店長と連絡をとって面談の約束を取り付けることが大変な実態でした。

菊地道議は消費税導入の混乱はないか質問しましたが、本部対応ですすみ、店舗は商品のシール貼り替えくらいで、店内飲食を設けていないこともあり問題なしといいます。

戸別配達導入が検討、しかし

生協のトドックが成功したため、業界では戸別配達導入が検討され、小樽で試験的に始まっています。

しかし、配達する運送会社も本部で決めており、上納金があるため、ある程度の数にならないと利益にならないなど、本部との関係の問題も感じました。
面談中も電話対応で商品を準備したり、店舗の奥の狭い場所で着替えをする従業員の出入りがあり、忙しい現場の実態をひしひし感じてきました。

小樽市内のコンビニ・オーナーと面談する菊地道議(左から2人目)ら