沿線住民の不安!!札幌延伸に伴う並行在来線の行方:新幹線をめぐる地域の声特集!!その2

余市町役場では総務企画政策室・阿部弘亨課長と平行在来線のJR北海道から経営分離される問題で懇談しました。
「北海道新幹線並行在来線対策協議会」の協議が加速化されることになり、沿線自治体もブロック毎に事務局会議が、もたれていくことになるとのこと。バス転換についても「運転手不足で現便数の維持が大変。沿線バス路線はほぼ赤字とも聞いており、バス転換も簡単ではない」と沿線自治体の苦悩が垣間見られる懇談となりました。

阿部弘亨課長から説明を聞く菊地道議(右から3人目)ら