新幹線トンネル発生土塩谷地域現地調査

菊地道議は市議団とともに赤井川から天神までの後志トンネル塩谷工区での発生土受入地の状況を視察しました。
旧小樽市産業廃棄物処理場の奥に、鉛・ヒ素含有の要対策土を含む18万立方メートルの発生土を搬入します。
原地盤に収着させて無害化をはかる盛土を5層に積み上げ、盛土への浸水は泥砂池に集められ上澄みを川に流す仕組みなど、鉄道運輸機構の説明を受けました。
自然災害の多い昨今、土砂災害や溢水が心配です。何より今後もトンネル工事で発生する土の受入先の多くは未定であり、課題の多い新幹線工事です。

鉄道運輸機構の説明を聞く菊地道議ら(左から3人目)