厚労省発表「病院再編・統合」リストにとまどい、怒り!

~地域の病院 大事にしたい~

厚生労働省が昨年9月に突然発表した道内54の公立病院等の再編統合案に地域から不安や怒りの声が広がっています。

日本共産党道議団~公立病院等を調査

共産党道議団は2020年2月6日から3日間、十勝・釧路管内の4町を訪問。首長と公立・公的病院の事務長、地域住民との懇談等を行い、地域医療の現実と要望について調査しました。 公立芽室病院は町内唯一の病院として急性期に加え療養病床も併設した病床再編を実施。さらに、理学療法士、作業療法士を確保するなど地域の要請に応える努力をしています。

公立芽室病院の江崎健一事務長補佐(手前)と懇談する道議団ら(左から2人目:菊地道議)

地域になくてはならない病院

懇談会に参加された住民からは「働き過ぎで先生たちの健康も心配。みんなで守っていきたい」と口々に公立芽室病院の日々の奮闘に賛美の声と地域医療への期待の声が聞かれました。

原発事故対応病院まで統合・再編対象に

菊地葉子道議会議員は1月22日、大田勤岩内町議会議員、地域住民とともに後志管内で唯一再編統合対象になった、岩内協会病院を訪問しました。
岩内協会病院は泊原発の事故対応病院であり、2018年には5億円かけて放射線防護施設として整備されたばかりで、近年地域住民の要望で透析治療も行っています。
大日向孝之事務部長は「大都市の病院と地域の病院とでは稼働実績に差があるのは当たり前。地域実情を無視したチェック項目での調査だけで病院の必要性を判断してほしくない」と戸惑いを隠しません。

現場の悩み~医療スタッフ確保に苦心

どこでも聞かれたのが医師・看護師等医療スタッフの確保の苦労話です。医療スタッフ紹介業への手数料として、スタッフとの契約年俸の2割を払っているのが実態です。「国も北海道も医療スタッフ確保の大変さを認識して確保体制を確立してほしい」現場の切実な声です。

懇談する岩内協会病院の大日向孝之事務部長、頓所義一総務課長、菊地道議(右端)、大田勤岩内町議、地域住民のみなさん

1人も100人も命の大切さは同じ

菊地葉子道議、岩内住民とともに岩内協会病院を訪問し頓所義一総務課長、大日向孝之事務部長と懇談して、病院の実情をお聞きしました。

岩内協会病院名が公表され、住民から「入院や救急がなくなったら大変」と声が上がっています。
大日向事務部長は「職員の中から不安の声がある。住民も心配している。常勤医が少なく、交通費や宿泊費、非常勤だけでも1,000万円かかる。それでも条件が悪いと来ない。経営が苦しい。再編統合で数字だけで振り分けられるが1人でも100人でも命は同じ。命を守っていく体制が必要」と述べていました。
病院と住民が一緒になって再編統合に反対する運動を進めていくことができると感じました。

岩内町議会議員 大田勤