原発マネー約1743億円

11月11日、決算特別委員会で真下紀子道議は原発マネーについて質問しました。
国が北海道や、泊原発がある泊村など周辺自治体に支払った交付金、給付金等は総額1742億9400万円にもなります。2019年度までの36年間の交付金等の51.9%は泊村に支払われており、2011年以降784億円もの増額です。


2012年5月に全面停止した泊原発の維持管理費は約5641億円。多額の「原発マネー」が地域に交付されながら、泊や神恵内、岩内、共和4町村の人口は88.3%と、後志管内の他町村95.6%よりも減少が進み歯止めが掛かりません。


真下道議は「全く発電していない原発の維持管理費を電気料金として道民から集め、全国一高い電気料金の背景になっている。直ちに廃炉とし、原発マネー依存から脱却すべき」と強調しました。