学生への支援急いで

菊地道議は「道内でも新卒内定率の低下や、アルバイトのシフト減などで生活が困窮している様子が見られる」と道に対して若者への就職支援や生活支援を求めました。
経済部長は「経済団体に改めて要請」「国の奨学金支援制度や生活福祉資金。新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金など各種支援策の周知」を実施してきたと話し「引き続き状況等を把握し、関係機関との連携をしながら国に対して必要な支援を要望するなど学生が学びを継続し、安定的に就業できるよう取り組んでいく」と答えました。