「教員変型労働制」押しつけやめて

日本共産党道議団は2020年2月18日教育施策の拡充を佐藤嘉大道教育長に要請しました。

教育現場では、慢性的な教員不足での長時間労働が続くなか国会で一年単位の変形労働時間制を可能にする法律が強行され、教職員に不安が広がっています。

共産党道議団は条例を導入すべきではないと強調。佐藤教育長は「時間外労働の縮減ができて労働時間の選択肢が増えるなら考える余地はあるが、今年一年かけて意見交換していきたい」と答えました。

佐藤嘉大教育長(右)に要望する菊地道議(左から2人目)、真下紀子団長ら

厚労省発表「病院再編・統合」リストにとまどい、怒り!

~地域の病院 大事にしたい~

厚生労働省が昨年9月に突然発表した道内54の公立病院等の再編統合案に地域から不安や怒りの声が広がっています。

日本共産党道議団~公立病院等を調査

共産党道議団は2020年2月6日から3日間、十勝・釧路管内の4町を訪問。首長と公立・公的病院の事務長、地域住民との懇談等を行い、地域医療の現実と要望について調査しました。 公立芽室病院は町内唯一の病院として急性期に加え療養病床も併設した病床再編を実施。さらに、理学療法士、作業療法士を確保するなど地域の要請に応える努力をしています。

公立芽室病院の江崎健一事務長補佐(手前)と懇談する道議団ら(左から2人目:菊地道議)

地域になくてはならない病院

懇談会に参加された住民からは「働き過ぎで先生たちの健康も心配。みんなで守っていきたい」と口々に公立芽室病院の日々の奮闘に賛美の声と地域医療への期待の声が聞かれました。

原発事故対応病院まで統合・再編対象に

菊地葉子道議会議員は1月22日、大田勤岩内町議会議員、地域住民とともに後志管内で唯一再編統合対象になった、岩内協会病院を訪問しました。
岩内協会病院は泊原発の事故対応病院であり、2018年には5億円かけて放射線防護施設として整備されたばかりで、近年地域住民の要望で透析治療も行っています。
大日向孝之事務部長は「大都市の病院と地域の病院とでは稼働実績に差があるのは当たり前。地域実情を無視したチェック項目での調査だけで病院の必要性を判断してほしくない」と戸惑いを隠しません。

現場の悩み~医療スタッフ確保に苦心

どこでも聞かれたのが医師・看護師等医療スタッフの確保の苦労話です。医療スタッフ紹介業への手数料として、スタッフとの契約年俸の2割を払っているのが実態です。「国も北海道も医療スタッフ確保の大変さを認識して確保体制を確立してほしい」現場の切実な声です。

懇談する岩内協会病院の大日向孝之事務部長、頓所義一総務課長、菊地道議(右端)、大田勤岩内町議、地域住民のみなさん

1人も100人も命の大切さは同じ

菊地葉子道議、岩内住民とともに岩内協会病院を訪問し頓所義一総務課長、大日向孝之事務部長と懇談して、病院の実情をお聞きしました。

岩内協会病院名が公表され、住民から「入院や救急がなくなったら大変」と声が上がっています。
大日向事務部長は「職員の中から不安の声がある。住民も心配している。常勤医が少なく、交通費や宿泊費、非常勤だけでも1,000万円かかる。それでも条件が悪いと来ない。経営が苦しい。再編統合で数字だけで振り分けられるが1人でも100人でも命は同じ。命を守っていく体制が必要」と述べていました。
病院と住民が一緒になって再編統合に反対する運動を進めていくことができると感じました。

岩内町議会議員 大田勤

 

新型コロナ感染拡大防止を緊急要請

北海道内で陽性反応者が出ている事態を受けて日本共産党道議団は、道民への正確な情報提供と感染拡大の防止、的確な検査と治療体制を早期に確立するよう鈴木直道知事に緊急要請しました。

対応した橋本彰人保健福祉部長は、「できる限りの情報を提供し、道民の不安を解消していく」と答えました。

橋本彰人保健福祉部長に要請書を手渡す真下紀子団長と菊地道議(右端)
2月3日鈴木直道知事に2020年度の予算要望

昆虫を活用した技術研究を調査

2020年1月28日から3日間、経済常任委員会の調査に参加しました。

宮崎県では、イエバエの幼虫を活用したバイオシステムを見学。肥料化するとともに、温室効果ガスの発生量抑制効果もあるそうです。沖縄高専ではカイコを利用した薬や再生医療の開発研究がされており、新しい技術研究の実態を学んできました。

イエバエ幼虫のバイオシステムを見学

北海道の食と安全にむけて

2019年12月5日、第4回定例道議会予算特別委員会で菊地葉子道議は、日米貿易協定による北海道農業への影響また、農家の実情等について質問しました。

日米貿易協定で牛肉輸出増?

菊地道議は、日米貿易協定について、「交渉内容も経過も国会や国民に一切知らせないままのスピード合意であり、日本側の一方的譲渡ではなかったか」と道としての評価を質すも渡邉農業経営局長は「小麦、牛肉、豚肉、乳製品などの関税撤廃や削減の影響の懸念はあるが、制度の変更により米国への牛肉輸入促進が期待できる」と答弁。

北海道農家数、10年間で激減

菊地道議の質問で道の販売農家戸数は10年間で9,900戸、農業従事者は22,500人減少しており、その要因は「後継者不足」と「労働者不足」であることが明らかになりました。 菊地道議は家族・小規模農家の実態を把握し支援に取り組むべきと指摘しました。

市販パン製品から発ガン物質安全な道産小麦を守る立場を

2015年7月に国際がん研究機関(WHO外部組織)がグリサホートの発がん性を指摘しています。
菊地道議は国内に流通している食パンや菓子パン、又、学校給食用のパンからもグリサホートが検出されているが国産小麦使用のパンからは検出されていない(農民連の調査報告)ことを示し、日米貿易協定による小麦生産減少分の65%が北海道であり、安全な小麦を守っていく取り組みについて質問。

水戸部裕生産振興局長は「麦チェン」運動の推進等で小麦の安全生産・消費の拡大に取り組むと答弁。

菊地道議が協定について北海道として発効を見直すよう国に意見を述べるべきと質しました。

小田原輝和農政部長は「本道農業の再生産の確保に向け国に対し、丁寧な情報提供と、必要な措置を適時求めていく」と答弁するのみでした。

新幹線トンネル発生土塩谷地域現地調査

菊地道議は市議団とともに赤井川から天神までの後志トンネル塩谷工区での発生土受入地の状況を視察しました。
旧小樽市産業廃棄物処理場の奥に、鉛・ヒ素含有の要対策土を含む18万立方メートルの発生土を搬入します。
原地盤に収着させて無害化をはかる盛土を5層に積み上げ、盛土への浸水は泥砂池に集められ上澄みを川に流す仕組みなど、鉄道運輸機構の説明を受けました。
自然災害の多い昨今、土砂災害や溢水が心配です。何より今後もトンネル工事で発生する土の受入先の多くは未定であり、課題の多い新幹線工事です。

鉄道運輸機構の説明を聞く菊地道議ら(左から3人目)

道議会傍聴してきました!!:T・Kさん

菊地道議一般質問
はじめて道議会を傍聴しました。菊地葉子道議の質間時間は15分間と短い中で、多くの質問をする為に小々早口でしたが、時間内で終え一安心しました。前の日から時間調整等で苦労された結果だと思います。

知事や北海道警察の答弁中に傍聴席から大きな声で、「質問にしっかり答えろ」と何度か発言があり、議会職員から再三の注意を受け、その後強制退場を目の当たりに見て驚きました。また退場時「地獄に落ちて死ね」といって議場を出されたのですが、後から聞いた話で安倍総理が札幌で選挙応援していた時にヤジ発言で警察に強制排除された方だと知り、これまた驚きでした。

当局側の答弁は、安倍首相などの国会答弁と同じく真摯に応えない姿勢に「うんざり」します。菊地道議の一時間ほどの質問で、当局側の不誠実さが証明された感じを強く受けました。相手を追い詰める状況を作った効果があったと思います。この次は、新しくなった議会庁舎で是非傍聴したいです。

自民・公明改憲意見書強行:第三回定例道議会

自民党道民会議は第三回定例道議会最終日に「改憲」論議を求める意見書案を提出。日本共産党と民主・道民連合が反対、道結志会が棄権を表明して退席した中で公明党の賛成で強行採決
しました。
自民党は「憲法は施行以来72年改定していない」と国会の憲法審査会で論議が必要と主張。日本共産党は「憲法審査会に議論を求めることは改憲を求めること」と解明。「地方議員が憲法改正を求めることは立憲主義からも許されない事であり、改憲を国に求めることはあり得ない」と厳しく批判しました。
これまで道議会では改憲意見書案の提出が複数回見送られてきましたが、4月の地方選挙で自民党が単独過半数の53議席を得、今回公明党の賛成も得て数の力で強行したといえます。
議会には夜遅くにもかかわらず、道憲法共同センターの会員や市民が傍聴にかけつけ、採択の行方を見守りました。

街頭で道政報告する菊地道議