北海道電力の地域説明会に参加 – 菊地よう子

質問は30分一人一回

2016年7月に開催された北海道電力の地域説明会に参加しました。資料にもとづく会社側説明が45分、参加者からの質問時間は30分、一人一回という事前の説明に早速参加者から「一人一回という制約はいかがか」と反論。「時間をみながら二回目の質問を受けます」との確約を取り付け、始まりました。
参加者から矢継ぎ早に「福島原発の事故究明もされていないのに再稼働働はあり得ないとおもうが」「事故がおきたときの最終責任はどこが負うのか」「使用済み核燃料の最終処分の方向性も決まってないのに」などなど原発再稼働に対する不安の声が。
電力会社は「再稼働の是非を伺うのではなく、会社の情報公開にもとづく、安全対策の説明の場です」と。新規制基準を新たな神話にしてはならないとあらためて思いました。

 

「原発再稼働」議論にむけて道議会運営のあり方

グラフィックス3

菊地よう子道議は議会運営委員会として、愛媛県議会を訪問し、四国電力伊方原発の再稼働をめぐる議会運営の視察・調査に参加しました。愛媛県議会では、四国電力伊方原発の再稼働に係る議会審議は、エネルギー危機管理対策特別委員会で行われました。
2015年8月から4回開催された特別委員会の参考人は、原子力規制庁、自然エネルギー庁、四国電力株式会社等の推進側で市民団体や反対の意見を招致していません。
とりわけセキリュティ対策が強化されており、通常は解放している玄関ロビーは許可ない者の立ち入りを禁止し、入庁制限を実施。傍聴人数は団体、一般に分けて人数制限し、混乱を避けるため議事堂外にテント設営し臨時受付けを設置、職員も通常2名体制を5名に増員。外部からの議事堂建物内への進入路を限定し、委員会・本会議ともに職員を増加し、警備体制を強化して行っています。
原発再稼働の議会審議が住民の声をしっかり反映させて行われるような対策とはどうあるべきか!?考えさせられました。

保育士との懇談会 共産党・民進党合同で

グラフィックス2

5月25日、日本共産党道議団は民進党道議団と共に、保育団体や保育所と懇談し、保育士不足対応の「特例」として無資格者導入について意見・要望をうけました。

当日は4保育園の園長と保育2団体が参加「人員が少ないので常に危険なのに、専門性をもった保育士が足りない中で無資格者拡大は問題」「抜本的な保育士不足解消にならない」「無資格者導入で今後基準がさらに弱まるのでは」「人間の基礎を育てる保育の場に無資格者を入れるべきでない」などの意見が出されました。

新光地域で第二回道政報告会

5-14-1-cut

   5月14日、新光会館で第2回菊地よう子道政報告会を行いました。
   菊地道議は9年ぶりに代表質問ができる4人の道議団構成となり、今年度の予算案に対しては無駄な大型公共事業をやめて、道民のくらし優先の「予算組みかえ」動議を提出したことを報告しました。(予算修正案提出には9人必要)とりわけ「厚幌ダム」は当初予算から140億円、美唄富良野線は68億円増となり、不要不急の開発事業はやめるべきと説明しました。

質問や意見交換では活発な声が寄せられました。(以下質問内容抜粋)
   1.道議会庁舎の建て替えはもっと小規模でよい
   2.熊本地震では救援物資の配布なども自衛隊がやれないのか
   3.「かでる2・7」の使用料が65歳以上無料から4月以降半額負担になった。
      元に戻してほしい
   4.揚水式発電は良いと思うが水を引き揚げるのにかかる電力はどれくらいか
   5.小樽市の幹部職員の空白に道の援助をもとめているようだが、道と市の関係とし
      てどうなのか
   6.銭函駅のバリアフリー化の進捗状況はどうか

質問に対する説明は必要な調査をした後、後日まとめて報告することにしました。

5-14-2-cut

道議団、歴史・文化の街、小樽を視察

4-25-1-cut
   日本共産党道議団は4月25日小樽市を視察し森井秀明市長らと懇談しました。
   小樽市は国内外から年間700万人以上が訪れる道内有数の観光都市です。1970年代の小樽運河保存運動がまちづくりの契機となり、1983年に市は「歴史的建造物及び景観地区保存条例」を制定し、現在75の歴史的建造物を指定し、保全費用を一部助成しています。
   森井市長は「歴史文化基本構造」と文化庁の「日本遺産」指定を目指し、今年度調査費として150万円を計上したことを紹介しました。
懇談後、「おたる案内人」のガイド大井厚夫さんの案内で三笠市の幌内炭鉱から石炭を運ぶために建設された幌内鉄道跡などを巡りました。菊地よう子道議は「北海道の近代化を支えてきた小樽の歩みが、丸ごと歴史遺産であると実感しました」と感想をのべ、小樽観光の今後の発展に期待を寄せました。

4-25-2

自然エネルギー積極活用へ。道議団現地調査

4-2-cut
市民風車「はまかぜちゃん」を視察する真下・菊地・佐野各道議ら(前列右から3番目菊地道議)

日本共産党の菊地葉子、真下紀子、佐野弘美の各道議はこのほど市民風車「はまかぜちゃん」等、再生可能エネルギーの普及促進に力を入れている浜頓別町を視察し、南尚敏浜頓別副町長らと懇談しました。
「はまかぜちゃん」は2001年法人北海道グリーンファンドが、会員の電気料金の一部と217人の市民出資で誕生した日本で最初の市民風車です。総事業費の8割を市民の出資で賄うなど、自然エネルギー普及を願う市民によって運営を続けてきました。原発事故が起こる10年前から「原発や化石燃料にばかりに
頼らずに、自然エネルギーで電気を作りたい」という市民の願いを具体化して取り組んできたものです。
道が史上初めての保育料軽減にのり出したことは成果です。今後とも子育て費用の軽減策に大いに踏み出すことが期待されます。
市民風車「はまかぜちゃん」を視察する真下・菊地・佐野各道議ら(前列右から3番目菊地道議)日本共産党の菊地葉子、真下紀子、佐野弘美の各道議はこのほど市民風車「はまかぜちゃん」等、再生可能エネルギーの普及促進に力を入れている浜頓別町を視察し、南尚敏浜頓別副町長らと懇談しました。
「はまかぜちゃん」は2001年NPO法人北海道グリーンファンドが、会員の電気料金の一部と217人の市民出資で誕生した日本で最初の市民風車です。総事業費の8割を市民の出資で賄うなど、自然エネルギー普及を願う市民によって運営を続けてきました。原発事故が起こる10年前から「原発や化石燃料にばかりに頼らずに、自然エネルギーで電気を作りたい」という市民の願いを具体化して取り組んできたものです。
道が史上初めての保育料軽減にのり出したことは成果です。今後とも子育て費用の軽減策に大いに踏み出すことが期待されます。

沖縄県高齢者生きがいづくりを調査

1-cut   2月、少子・高齢社会対策特別委員会は沖縄県を訪問し、沖縄社会福祉協議会・いきいき長寿センターが運営している「かりゆし長寿大学校」等のとりくみについて調査しました。60歳以上を対象として週1回、1年間ですが、定員192名に対し300名以上の応募がある人気ぶりで、終了後も同窓会として清掃活動やグランドゴルフ大会などの交流も盛んです。
長寿県、沖縄のいきいきしたとりくみに触発されました。

JRダイヤ改正による減便の見直し後志振興局に要請

 

2
振興局に要請する菊地道議と団体代表ら

   3月のダイヤ改正で後志・渡島両管内を結ぶJR函館線の普通列車5 便が一部区間で廃止され、札幌発小樽行きの快速列車の夜間4 便が各駅停車になります。地域からは「下校時間の大幅な遅れ」や「始業時間に間に合わない」など高校生の通学に大幅な影響がでる、札幌・小樽間の通勤・通学者にとっては「帰宅時間が遅れ、生活に影響する」などの声が上がっています。
菊地よう子道議は共産党小樽地区委員会と「JR 函館本線の存続を求める住民の会」はじめ、ニセコ・蘭越住民の会の関係者と共に、後志振興局の局長と教育局局長に対して、住民の足確保に向けて協力を求める要望書を提出しました。
各団体からは、通学・通院などへの影響を心配する声とともに、JRは住民説明会を開くべきと意見があがりました。振興局長、教育局長はそれぞれ「本庁に報告する」「学校教育への影響が最小限になるよう振興局と連携していきたい」と述べました。

地域の学校存続求め北星学園余市高校を訪問

3   2月15日、菊地よう子道議は、3人の余市町議と共に、学校閉鎖が検討されている余市町の北星学園余市高校を訪問しました。
   入学者が年々激減していますが、教員や地域が一丸となって、子どもや社会が抱える問題に取り組んできた活動をふりかえり、存続を求めて意見交換を行いました。

沖縄視察

12646810_465562466985026_727130676643605365_o

   少子・高齢社会対策特別委員会の道外調査で一日目は沖縄県那覇市におじゃましています。(高齢者の生きがいと健康づくりの推進)の取り組みを学習しました。

 

12742549_466472856893987_1433423285917612201_n

   道外調査二日目は、あじゃ保育園です。発表会の練習中ですが、ゼロ歳のお子さんが本当に嬉しそうに笑顔いっぱいに体中でリズムをとっていました。沖縄県は就学前の1年間だけ幼稚園に通園。なので保育園は四歳までという風習があったそうです。あじゃ保育園は5歳までです。階段の一段ごとに「さよなら」「さんかく」と言葉が貼り付けられて楽しく学べるように工夫されていました。

   あじゃ保育園には子育て支援センターも併設されており、子どもさんの背丈に合わせた手洗いシンクがありました。