保育士との懇談会 共産党・民進党合同で

グラフィックス2

5月25日、日本共産党道議団は民進党道議団と共に、保育団体や保育所と懇談し、保育士不足対応の「特例」として無資格者導入について意見・要望をうけました。

当日は4保育園の園長と保育2団体が参加「人員が少ないので常に危険なのに、専門性をもった保育士が足りない中で無資格者拡大は問題」「抜本的な保育士不足解消にならない」「無資格者導入で今後基準がさらに弱まるのでは」「人間の基礎を育てる保育の場に無資格者を入れるべきでない」などの意見が出されました。