医療従事者の訴えに心寄せて 道議団懇談

党道議団は2月9日、勤医協中央病院の鈴木隆司院長、折出洋子看護部長、本間総一郎事務長らと新型コロナウイルス感染症対策について懇談しました。


当院は院内集団感染発生時、幅広く対象者を休ませ、他部署からの支援で師長を配置した支援チームを作り、該当病棟の全患者・関連業務に携わった看護師・医師に直ちにPCR検査を実施し、徹底した対応を行いました。こうした取組で早期に幅広い検査が必要なことが浮き彫りになりました。道議団は、行政からも「よく早期に収束できた」と感嘆の声が聞かれたことを紹介し、医療機関の献身的努力に敬意を表し、道や国に寄せられた声を届けていくと表明しました。