少人数学級の促進教育行政改善求め教育長へ要望


党道議団は小玉俊宏教育長に2021年度教育行政に関しての要望を行いました。内容は、教職員への一斉・定期的PCR検査の実施、来年度からはじまる35人学級のさらなる促進、「道立高校配置計画」を見直し、地域に高校を存続させること、教職員定数を大幅に増加すること、変形労働時間制の導入は止めることなど39項目です。


教育長は35人学級に対して「さらなる拡大を国に強く要望する」と表明しました。