新型コロナ感染防止対策強化を!!五輪開催は断念せよ!

―共産党道議団、道へ第8次の緊急要望―

2021年5月7日、日本共産党道議団は鈴木直道知事に対し、新型コロナ感染防止対策の強化を求め第8次の緊急要望を行いました。これまでにない大規模検査実施を行い、感染者の把握に取り組むこと。東京五輪開催を断念するよう国と組織委員会に働きかける事などを強く求めました。

道議団は「道民の命を守るため、これまでの延長線にとどまらない抜本的対策を実施することが急務」と述べ、
● 無症状を含む感染者の早期把握に取り組む
● 札幌を対象に全住民規模でのモニタリング検査の実施
● 高齢者施設利用者・職員、医療機関に対する定期的検査の実施
など9項目を求めました。
対応した中野祐介副知事は「要望はいずれも道民の命・健康・暮らしを守る観点から重要なものと受け止めている」と答えました。
東京五輪・パラリンピックについては、マラソンのテスト大会開催に「道民は強い疑問を持っており、国に東京5輪の開催断念を働きかけるべき」と迫りましたが、中野副知事は答えませんでした。
菊地葉子道議は、ワクチン接種について「医療従事者への接種を早期に完了させ、直ちに高齢者に実施すべき」と強調しました。
道議団要望の二日前には札幌中心街でオリンピックテスト大会のハーフマラソンが行われました。
鈴木知事はその後、国に対して「まん延防止等重点措置」を要請していました。

第8次緊急要望申入れ項目

① これまでにない大規模検査の実施に踏みだし、無症状を含む感染者の早期把握に取り組むこと。札幌市を対象に全住民規模のモニタリング検査を実施すること。
② 防疫対策の観点から、高齢者施設利用者・職員に加え、医療機関に対する定期的検査を実施すること。学校関係者なども定期的PCR検査の実施を行うこと。
③ 自宅療養者・宿泊療養者に対する治療・投薬・酸素投与等、24時間往診体制を医師会とも協議し構築すること。
④ コロナ対応病床と医療者確保を全道規模で進めること。
⑤ 医療機関の減収補填について、早期実施を国に求めるとともに、道独自の支援措置を行うこと。
⑥ 医療従事者向けワクチン接種を早期に完了させ、高齢者をはじめ接種完了までのロードマップを早期に示すこと。
⑦ 「まん延防止等重点措置」実施に当たっては医療機関、事業者等への「罰則」適用は行わないこと。
⑧ 休業・時短要請した場合の補償金を全道規模で実施すること。
⑨ 東京オリンピック・パラリンピック大会の今夏開催を断念するよう国・組織委員会に働きかけること。