核のゴミ「文献調査」交付金配分:周辺自治体に「受け取り拒否」を要請

原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)最終処分場選定の「文献調査」に踏みだした片岡春雄寿都町長は、国からの交付金(年額10億円)の一部を近隣町村に配分する方針を示しました。
8月16日、菊地道議は、畠山和也前衆議院議員らとともに近隣町村を訪問し、配分を受けないよう要請しました。
訪問先の自治体首長は「受ければ責任を伴うようなことを近隣自治体に求めるのか」と述べ懇談になりました。

小玉俊宏副知事に要請文を手渡す道議団(左端:菊地道議)