「北海製罐第三倉庫」の存続に道の協力を:市民の皆さんから要望が寄せられました①

大正13年に完成した北海製罐(株)小樽工場第三倉庫は危険だと所有者が解体の意向を示していました。
多くの市民の皆さんが小樽の歴史を象徴する第三倉庫の保存に関心を寄せ、保存と活用を望む関係者の民間組織「第三倉庫活用ミーティング」も積極的に活動されています。
菊地葉子道議は先日「みんなで第三倉庫を守りましょう」と「第三倉庫を勝手に守る会」を作り募金活動等を行っているみのや氏からお話を伺い、保存活用に関し国や北海道の支援についての要望を受けました。