留辺蘂高校の募集停止は撤回を

道教委は、現在1学年の人数が3年続けて20人を下回るなどの高校は募集停止の対象としています。
2022年度から24年度の公立高等学校配置計画案では、留辺蘂高校の募集停止を盛りこみましたが、計画案発表後、北見市や留辺蘂高校、PTA、同窓会から存続を求める声があがり、1年判断を先送りしていました。
菊地道議は6月23日の一般質問でこの問題をとりあげ、「再考を求める署名は1万2千筆以上に達し、この声に応えて存続すべき」と質問。教育長は「今年度入学者数が定員の半数以下、今後の増加は見込めない」等と2023年度募集停止を示し、地域の理解を得られるよう努めていくと、募集停止を進める考えです。